CATEGORY

礼儀作法

  • 2024年4月8日
  • 2024年4月8日

「冠婚葬祭」の「冠」とは何でしょう③

陰陽道の考えから生まれたものに「厄年」があります。 厄年 この「厄」は単に悪い事が起きると言う事では無く、「役」社会的に重要な役割を担う時期にあたる、また体調の変化をきたしやすい時期と重なりやすいので気を引き締めて過ごすようにと受け止めると良いと思います。神社に詣でると、よく今年の厄年はと表示されて […]

  • 2024年3月15日
  • 2024年3月15日

「冠婚葬祭」の「冠」とは何でしょう②

「通過儀礼」の続きを説明致します。 5.初節句    赤ちゃんが最初に迎える節句を「初節句」と言います。女の子は3月3日の「桃の節句」。その日は雛人形を飾り、雛寿司や蛤のお吸い物で祝います。男の子は5月5日の「端午の節句」。地域によっては鎧(よろい)や兜(かぶと)を飾り、鯉のぼりを立てて健やかな成長 […]

  • 2024年3月9日
  • 2024年3月15日

「冠婚葬祭」の「冠」とは何でしょう ①

よく「冠婚葬祭」という言葉が使われますが、その「冠」の意味をご存知でしょうか。 「冠」とはもともと貴族が元服の時に行った「加冠の儀」でかぶった冠(かんむり)の事です。しかし、次第に「通過儀礼」一般を指すようになりました。「通過儀礼」とは人の一生の中で行う節目の儀式の事です。つまり人が生まれ、成長し、 […]

  • 2024年2月7日
  • 2024年2月7日

お付き合いに知っておきたいマナー

知っているようできちんと知らない事は、お付き合いのマナーに関しても意外にあるものです。 まず、贈答について書きたいと思います。贈答とは相手への気持ちを形にして伝える事です。よく知られた贈答にお中元やお歳暮があります。これは、日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを伝えるものです。また、結婚祝いや誕 […]

  • 2023年11月4日

人前でも恥ずかしくない会席料理の食べ方

会社での接待や親戚の集まりなど、日本はおもてなしを大切にする国ですから、会席料理を頂く機会も多いと思います。 会席料理は、江戸時代に料理茶屋が始めた「もてなし料理」が最初とされています。「会席」とは茶会や俳諧の席などのように多くに人が集まる会合の事です。 会席料理は、初めから膳に料理を並べておく形と […]

  • 2023年7月16日
  • 2023年8月28日

美しい手の動きとは

このタイトル、何の話かと思われるでしょうね。 手はその人の生活スタイルを表している、とよく言われます。 働き者の手、細かな作業を得意とする指、その手の甲には年齢も刻まれています。しかし、昨今ではハンドクリームで満遍なく手入れをすればシワの少ない、年齢によってはシミ一つない綺麗な手を保つことだって出来 […]

  • 2023年5月21日
  • 2023年5月25日

基本の和食のセッティング

日本は海に囲まれ、様々な食材の宝庫だと言われます。食卓風景も和食に限らず、洋食、中華、エスニックとテーブルに乗せられる料理は多彩です。でも、やはり自宅でのご飯には、お味噌汁、焼き魚やお肉に根菜類の煮物、胡瓜とワカメの酢の物と言った昔ながらの伝統のメニューに心が和みます。 さて、このような和の食卓の基 […]

  • 2023年1月14日
  • 2023年1月15日

美しいお箸の使い方

新しい年をお迎えになって、食卓のお箸を新しくなさったご家庭も多い事と思います。そのお箸について少し書きたいと思います。 お箸は日本の食卓に不可欠なものですが、そのお箸にもいろんな種類と材質がある事をご存知でしょうか。 正式なお抹茶のお茶事では、お茶(濃茶)を飲むために懐石料理を頂きます。その懐石料理 […]

  • 2022年9月7日
  • 2022年9月9日

懐紙を素敵に使う

「懐紙」をご存じでしょうか。懐紙(かいし)は茶道では必需品です。茶道ではお抹茶を頂く前に、お菓子を頂きますが、縁高*(ふちだか)や菓子鉢から和菓子を取り分ける時に硫酸紙(りゅうさんし)を挟んだ懐紙の上に置きます。又、お茶事の時には器を清めたりなど、とても用途の広いものです。 私はバックの中にこの懐紙 […]

  • 2022年8月3日

テーブルでのマナー

昔、礼儀作法を教えて頂いた先生が、次のようなお話をされました。 「日本は明治以降、西洋文化に憧れて西洋家具を輸入ました。今ではどの家庭にもテーブル、椅子、ソファと言った家具があるでしょう。でもそれを使う時のマナーまで導入しなかったのよね。」 礼儀作法と言うと通常、玄関の入り方から、畳の歩き方、座り方 […]

error: Content is protected !!