ESROIR

「ESPOIR 〜希望〜 」

素敵にあなたを!!

ESROIR

「ESPOIR 〜希望〜 」

素敵にあなたを!!

ESROIR

「ESPOIR 〜希望〜 」

素敵にあなたを!!

  • 2022年11月28日

ある出会い

10年以上前の事です。馴染みにしているビストロで、クリスマスディナーをする案内を頂きました。予約をし、家族で出かけました。店は満席です。隣の席のご夫妻、とりわけご主人の食べっぷりの見事さに、思わず声をかけました。「こちらには随分お通いですか?」「約22年になります。」との応えです。私達より数年長いと […]

  • 2022年11月25日
  • 2022年11月25日

旅の思い出 30年前のスペインとイタリア

昔の旅は、今のように個人での自由な旅は少なく、概ね旅行会社のガイドに引率されてという旅がほとんどだったように思います。 欧州は陸続きの国で成り立っています。場所によっては、足を一歩踏み出したらよその国と言う事になるのです。ユーロ圏の確立されていない時です。(ユーロ圏の確立は1999年1月1日)当時の […]

  • 2022年11月21日

子育てはクリエイティブ1

今、まさに子育て真っ最中と言う方がいらっしゃるでしょうね。子供が小さい時は振り回される事が多く、もういつまでこんな状態が続くのかしらと、ご自分の子供であっても少々うんざりなさっているお母さんもいらっしゃるでしょう。 子育ての終わった私が今思いますのは、子育ての期間はそんなに長いものではなかったと言う […]

  • 2022年11月17日
  • 2022年11月20日

日記を続けるコツ

私が毎日日記をつけるようになったのは、1996年の元旦からです。それからもう20年以上は続けています。 日記をつけようと思ったのは、日々はあっという間に過ぎ、何かしら自分の記録が欲しかったからです。家計簿や手帳にメモるだけでも良いのですが、それでは書き足りない気がしました。 しかし、日記を付けると決 […]

  • 2022年11月14日
  • 2022年11月20日

お抹茶の頂き方

本来お抹茶には、濃茶(こいちゃ)と薄茶(うすちゃ)があります。 お茶事(茶道における茶会)で頂く濃茶は、茶事(ちゃじ)の主役とも言える飲み物で、この濃茶を飲むために空腹を満たすのが、懐石料理(かいせきりょうり)です。 濃茶は、客の人数分の濃茶用の抹茶を茶入(ちゃいれ)から抹茶碗に入れ、客が飲める湯量 […]

  • 2022年11月10日

花の名前

お散歩をしながら娘達に尋ねます。「この紫の花の名前、知ってる?」知らないと言う答えです。「これは紫式部と言うのよ。」と教えます。帰り道でまた聞いてみます。「この花何と言う名前だったっけ」娘達は段々と花の名前を覚える事に興味を持っていくようです。 このような会話は私が最初ではありません。私は同じような […]

  • 2022年11月7日

隠れキリシタンだった祖母の話

私の母方の祖母は41歳と言う若さで亡くなりました。ちょうどその時、母のお腹に私が居たそうです。祖母は私の存在を知り、私の幸せを祈りながら逝ってしまったと聞きました。私は父方の祖母には寵愛と言えるほど可愛がって貰いましたが、母方の祖母に会う事はできませんでした。 私が3歳の頃、いくらか下の方が焦げた写 […]

  • 2022年11月3日

和の香り

今回は日本に昔からある和の香りについて書こうと思います。 和の香りと言うと何を思い出されるのでしょう。昔からご仏壇で焚かれていたお線香でしょうか。それとも、京都を始めとした古都で買い求めた匂い袋でしょうか。 今はお線香にも沢山の種類があり、アロマ感覚とでも言うのでしょうか、癒しのイメージでお部屋で燻 […]

  • 2022年10月31日

旅の思い出 ダイアナ妃とテートギャラリー

イギリスには何度か訪れた事があります。その中で一番思い出深い出来事と言えば、最近映画にもなったダイアナ元妃の葬儀の当日にロンドンに入った事でしょう。その時の街の様子は今でもハッキリと思い出す事が出来ます。 街中に哀しみが溢れていました。バッキンガム宮殿の前には色とりどりの花がうず高く積まれ、道路には […]

  • 2022年10月27日

保健室の川尻先生

どなたもそうではないかと思いますが、子供の頃から誰かしら印象深い大人の人に出会っていると思うのです。 私が思い出す印象深い人は、保健室の先生です。 私は最初の子供だったせいか随分母の気合が入り、厳しく育てられました。母はその当時では珍しい程、教育に熱心な人でした。私が小学校に上がると、毎日学校に来て […]

error: Content is protected !!